大好きを仕事に。初心者をプロに。
新潟でプロのマンガ家・イラストレーター・アニメーターを目指す。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube

高校生の方へ保護者の方へ社会人・既卒の方へ

JAM 日本アニメ・マンガ専門学校

  • 訪問者別
  • アクセス
  • 資料請求
  • オープンキャンパス申し込み

ホーム > アニメーター科 内定者インタビュー②

就職実績情報BLOG

内定情報や就職に関する情報をお届け!

アニメーター科 内定者インタビュー②

就職実績情報 ani

2014.08.01

お疲れ様です。

アニメーター科福澤です。

本日は先日、

有限会社スタジオパストラル様

就職内定をいただいた、石原直也さんへのインタビューを掲載致します。

石原__R

 

Q.1 アニメーターを目指したきっかけは?

アニメ「化物語」を見たときに、今までに見たことがないような作品で自分の中に強く印象に残り、

アニメ業界で働きたいと思ったのがきっかけです。

 

Q.2 JAMに進学しようと思った理由は?

オープンキャンパスに参加したときの印象が、とても楽しそうな雰囲気だったからです。

自分もこの環境の中で勉強をしたいと思いました。

 

Q.3 実際に入学してみての感想は?

予想していた以上に毎日が楽しいので、嬉しく思いました。

アニメスタジオにアポイントメントを取り、企業訪問する2泊3日の東京研修旅行が特に印象的でした。

 

Q.4 特に印象に残った授業は?

「アニメ制作」の授業です。自分たちで内容を考え、複数人で何カ月もかけて

一本のアニメを制作したことが強く印象に残っています。

 

Q.5 学校生活はどうですか?

高校とはまったく違い、一日中絵を描いたり、絵に関する知識を知ることができ、大変楽しいです。

アルバイトなども紹介してもらい、助かっています。

 

Q.6 就職活動の思い出は?

とても暑い日に埼玉県での面接だったので、スーツが暑くて辛かったです。(笑)

 

Q.7 最後にアニメ業界を目指す皆さんに一言

入学時に私はまったく絵を描くことができませんでした。しかし、授業や放課後などを利用して

必死に努力し、アニメスタジオに作画として内定をいただきました。現在絵が描けない人でも努力次第で

アニメーターになることは出来ます。がんばって下さい!

 

以上、石原直也さんのインタビューでした。

絵を描き始めたのは専門学校からということなので、入学当初の絵を紹介させていただきたいと思います。

 

これは入学当初の昨年4月の絵です。ポーズ集を見て人体を描きました。

ishihara0004_syuu_R

そして半年後、同じ素材を見て描いたのがコチラ

ishihara0005_syuu_R

そして更に半年経過し、今年の5月に描いた落書きがコチラ!

ishihara0008_syuu_R

内定が出た今でも、努力を重ね進化をつづけています。

石原さん本当におめでとうございます!!

 

 

LINEで最新情報をチェック! @jamjam83
先頭へ戻る