大好きを仕事に。初心者をプロに。
新潟でプロのマンガ家・イラストレーター・アニメーターを目指す。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube

高校生の方へ保護者の方へ社会人・既卒の方へ

JAM 日本アニメ・マンガ専門学校

  • 訪問者別
  • アクセス
  • 資料請求
  • オープンキャンパス申し込み

ホーム > 宇宙よりも遠い場所

JAM BLOG

オープンキャンパスや授業の様子などを掲載!

宇宙よりも遠い場所

お知らせ ani

2018.01.22

お疲れ様です。

アニメーター科 福澤です。

今週からまた寒波が来るそうで、一週間分の食料を買い込んできました。

あまり積もらないでくれと切に願います。。。

 

さて、今期も様々なアニメを視聴していますが

その中でも印象的な作品が

MADHOUSEさん制作の「宇宙よりも遠い場所」です。

 

#2「歌舞伎町フリーマントル」を視聴した方はわかりますでしょうか?

新宿を表現しているカットの中に、謎のロボットがたくさん出てきたのを。

なんだあれ?と思った方もいるかと思いますが、

あれ、ロボットレストランという実在する施設なんです。

日本人にはあまり馴染みがありませんが、外国人の方にとっては有名な観光スポットになっています。

 

作品を通して人に想いを伝えるには、表現のレパートリーが求められます。

キマリ達にとっての「東京」を表現するとき、ロボットレストランは

個人的感想ではありますが、とてもピッタリな表現だなと感じました。

#3では、「LINE」というものがとても効果的に使われていました。

 

皆さんは周りの大人に「色んなことに興味を持ちなさい」と言われた経験はありますか?

これ、とっても大切なことです。

 

アニメだけ見ていても、アニメーターにはなれません。

作品の中には、クリエイターさんたちの様々な経験や知識が無数に散りばめられています。

作品づくりとは、0から1を生み出す作業ではなく

100を1にする作業です。

自身が持っている知識や表現のレパートリーが多いほど、生み出す作品の密度は上がっていきます。

 

そんな意味でも、すごく丁寧に作られている「宇宙よりも遠い場所」を

毎週楽しみにしています!