大好きを仕事に。初心者をプロに。
新潟でプロのマンガ家・イラストレーター・アニメーターを目指す。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube

高校生の方へ保護者の方へ社会人・既卒の方へ

JAM 日本アニメ・マンガ専門学校

  • 訪問者別
  • アクセス
  • 資料請求
  • オープンキャンパス申し込み

ホーム > マンガクリエイト科

マンガクリエイト科2年制

MANGA CREATE Department.

開校以来100名以上のマンガ家を輩出する全国No.1の授業。マンガを学ぶならココで決まり!

マンガクリエイト科は、プロのマンガ家を養成する学科です。
描いて描いて、描きまくる2年間。マンガ家として必要な技術と現場力を学びます。
夢の実現に向け、JAMのマンガ専門プロ講師が全力でサポートします!
初めてでも安心!好きからはじめてプロになろう!

めざす職業

  • ・マンガ家
  • ・マンガ家アシスタント
  • ・デザイナー
  • ・編集者 他

「才能がなくちゃ、マンガ家になれない」と思っていませんか?

こんにちは。マンガクリエイト科講師の小川です。
みなさん、思い出に残っているマンガはありますよね。
感動して泣きながら読んだマンガ。声を出して笑い転げて読んだマンガ。誰もがあると思います。
そして、絵を描くことが好きな人なら「自分もマンガを描いてみたい」、「たくさんの人に、自分の考えたストーリーを読んでもらいたい」と思ったことがあるはず。
でも実際は、マンガ家になる道は険しいだろうと想像して、チャレンジする前に心の奥にしまい込んで、あきらめていませんか?

初めから才能がある人なんていません!

もちろん、世の中のあらゆる職業と同様に、マンガ家になるには努力が必要です。
JAMでプロデビューした先輩は、最初から絵が上手かったわけではありません。先輩たちも「なれるかな…」「大丈夫かな・・・」と、みなさんと同じ不安を抱えていました。
それでも、JAMが多くの実績を有するのは、JAM独自のプロ育成システムによる鍛錬方法と戦略があるからなんです!

15年連続でプロ作家を誕生させた、JAMの最強システムがあります

確かな技術力が身に付く授業マンガを描くことに没頭できる!

マンガ家は描いたら描いた分だけ、確実に上手くなります。みなさんの本気に応えるために、JAMも本気の鍛錬プログラムを用意しています。マンガテクニックはどれも欠かせなく、全てを学ぶことには意味があります。

授業内容

基礎からコツコツマンガテクニック

  • つけペン

    マンガ家の命! 魅力的なペンタッチを生むつけペンを基礎から反復練習、様々なシーンを表現するスキルを身につけます。

  • スクリーントーン

    スクリーントーンの削り方など基本的な使い方から応用編まで、マンガ原稿をグレードアップさせる技術を学びます。

  • パースデッサン

    人物・街並み・ビルなどの背景や車・室内など、全てのものに立体感や奥行きを感じさせる技法を身につけます。

マンガ家のベースとなる「力」を身につける

  • 画材技法

    あらゆる画材の使い方と色についての知識を学びます。カラー原稿や表紙イラスト制作表現の幅が拡がります。

  • クロッキー

    人体から建造物まで「描けないものはない!」力を身につけます。対象を素早く描写することで集中力も高めます。

  • デジタルコミック

    マンガ制作ツールCLIP STUDIOを使って、パソコンでマンガを描くスキルを習得。デジタルに強いマンガ家に業界も注目しています。

読者を魅きつけるストーリーを創る

  • マンガ演習

    ストーリーの組み立てからネーム、コマ割り、魅力的なキャラクター設定などマンガ制作の基本を身につけます。

  • シナリオ講座

    セリフに必要な文章の作り方、魅力的な日本語をマスター。ストーリーの組み立てを文章で書きながら学びます。

  • 映画論

    邦画から洋画まで、様々なジャンルの作品を鑑賞、ストーリー構成や画面構成・演出方法を学びます。

タイムテーブル例
  MON TUE WED THU FRI
1 09:40~10:30 パースデッサン デジタルコミック トレンドリサーチ マンガテクニック 画材技法
2 10:40~11:30 制作実習
3 11:40~12:30
LUNCH TIME
4 13:30~14:20 デッサン 実践ビジネスマナー   社会研究
就職実務
マンガ演習
5 14:30~15:20 クロッキー シナリオ演習
6 15:30~16:20

画像をタップすると、拡大して表示されます。

マンガ編集長添削会自分の実力が通用するか、課題がハッキリ見つかる!

有名出版社の編集長がJAMに来校し、生徒作品の添削会を年10回以上開催しています。
マンガ業界で活躍する本物の編集長から、本当の添削を受けられます。
時に厳しい指摘もあるけれど、だからこそ自分のレベルがチェックでき、格段に上達できます。
この添削会から、デビューのチャンスをつかんだ先輩方は多くいます。

自分で一番面白いと思うものを原稿に表現して、貪欲にぶつかってきてください。

小学館「週刊少年サンデー」編集部
荻原啓佑氏

JAMの学生さんは、基本をしっかり学んでマンガを仕上げようとしている点が印象的ですね。「見て欲しい」という気持ち、やる気を感じます。どうやったら目立てるのかを考えて、自分の武器を出せるともっと良くなるかな。
僕が原稿を見る時注目するポイントは、「作品を通して伝えたいことは何か」ということ。たとえ絵がつたなくても、気合いが入っているページが一点でもあり、見せ場が伝わる原稿は魅力を感じますね。
日常に転がっている面白いことを探して原稿に落とせるかが、受賞できるかできないかの分かれ目になってきます。何万人の人を感動させたり、人の人生を変える影響力をマンガは持っている。その分ハードルは高いが、それだけやりがいのある仕事だと思います。

誰かに読んでもらうという意識を持って
描いてほしい。

講談社「月刊少年シリウス」編集長
山口崇氏

添削会で拝見するのは学校の課題ですので、作品に物足りなさがあるのが当たり前です。ですが、皆さんの若く未熟なりにこだわった表現が原稿用紙に具体化されていると、とてもうれしくなります。
商業誌の人間としては、他者の目を意識して描いてあるといいなぁと思います。マンガでメシを食うこと=誰かに読んでもらって、お金を払ってもらうということですので。
添削会に参加する学生さんというのはプロを目指しているハズだ! と思っています。その本気にぶつかってこられるのは頼もしくもあり、怖くもあります(笑)。何が才能かなんて結果でしか判断されませんから、後悔のないよう集中して頑張ってほしいです!

来校出版社リスト(一部抜粋)

小学館「週刊少年サンデー」/講談社「週刊少年マガジン」/講談社「月刊少年シリウス」/集英社「ジャンプSQ」/マッグガーデン「月刊コミックブレイド」/角川書店「少年エース」/小学館「Sho-Comi」/秋田書店「月刊プリンセス」/角川書店「月刊ASUKA」 ほか多数

アシスタント派遣システム現場の実践力を身に付けられるチャンス!

JAM卒業の連載マンガ家をはじめ、多くのマンガ家のもとにアシスタントとして定期的に派遣。
プロの現場で通用する技術やスピードを学び、実践力を養います。

JAM卒のマンガ家がいるからこそ実現できる、最高の現場体験!

アシスタントの経験が一番の強み。それはやはり現場を体験できるから。プロの現場にいると、なるほど~の連続! 技術は飛躍的にレベルアップし、モチベーションもさらにアップします。
アシスタント派遣後は、現場で培った経験を活かし、どの雑誌にどんな作品を持ち込むか、一緒に戦略を立ていきます。そして、作品を添削会や出版社へ持ち込み、デビューを目指します。

JAMは編集部直接持ち込みを協力サポート!

出版社までの交通費は心配無用!JAMの「持ち込み支援制度」で出版社までの交通費が援助されます!思う存分持ち込めるから、デビュ—のチャンスが拡がります。

在学生VOICE

持ち込みサポート制度で次のステージヘ。

マンガクリエイト科 2年 町田 ゆかり

昨年5月の少年エース編集部への持ち込みで現在の担当さんと出会い、そこからグンと成長できたと思います。
担当がついたことにより、アドバイスをいただいたり「見せる」ことをより意識するようになり、「作品が読みやすくなった」と言われるようになりました。
担当さんとも良い関係が築けていると思います。デビュー目指して頑張っていきます!

全国No.1のデビュー実績

連載作家27名 デビュー100名以上

在学デビュー者続出中!ホンモノの教育がここにある!

©カトウコトノ/講談社

気持ちを切り替えたいときはお風呂に入るんですよ
カトウコトノ先生

在学中は、1ヶ月に30ページも描けるとは思っていませんでした。元々1話完結だったので、キャラクターを出してしまうと次も描かなければいけない。最初は3ヶ月に1回40ページくらいのペースだったんです。今は月刊誌の連載で、1ヶ月に30ページ。描きたいものを描いているからそれほど大変ではないけれど、作画よりネームのほうが大変ですね。ネームで決まるプレッシャーは毎月あります。ただ、アシスタントを入れると、私が止まるわけにはいかない。時間が迫ると描かざるを得ませんね。
目標は…まずはこの作品を最後まできっちり終わらせることでしょうか。お手紙をもらったりサイン会で評価をいただいたりすることが、私のやりがいになっています。

PROFILE

長岡大手高校(新潟)出身。明治大学でトルコ史を学んだ後、JAMに入学。
マンガクリエイト科2007年卒業。2007年9月号より講談社「月刊少年シリウス」にて『将国のアルタイル』を連載中。コミックス19巻まで発売中。

在校生アンケート

入学前の事を教えてください。

入学前の経歴について

入学前の経歴について 入学前の経歴について

入学前の部活動について

入学前の部活動について 入学前の部活動について

入学前のレベルについて

入学前のレベルについて 入学前のレベルについて

入学前に使っていた画材はなんですか?

入学前に使っていた画材はなんですか? 入学前に使っていた画材はなんですか?

入学後の事を教えてください。

今描いている、これから描きたいマンガのジャンルは何ですか?※複数回答可

今描いている、これから描きたいマンガのジャンルは何ですか?※複数回答可 今描いている、これから描きたいマンガのジャンルは何ですか?※複数回答可

自分の作品で試してみたい描き方は何ですか?

自分の作品で試してみたい描き方は何ですか? 自分の作品で試してみたい描き方は何ですか?

JAMに入学を決めた理由を教えてください。※複数回答可

JAMに入学を決めた理由※複数回答可

JAMに入学を決めた理由※複数回答可 JAMに入学を決めた理由※複数回答可

その他個別回答

・漫画家になれるチャンスのある学校だったから。
・サンデーがJAMに来たことがあったから。
・オープンキャンパスの雰囲気やスタッフさんと先生のやり取りが面白いし楽しそうだった。
・添削会など作品を見てもらえる機会が多いから。
・業界に関しての様々な情報や知識を得られると思ったから。
・デビューのきっかけが多いから。
・同世代のレベルを知るため。
・他の専門学校よりも、業界との距離が近いと思ったから。
・漫画家になりたいと思っていたから。
・オープンキャンパスに行った際、卒業生の現役漫画家がいた。

連載作家デビューが証明する実力。そしてJAM卒作家ネットワーク。 プロマンガ家を目指すなら最高の環境を選ぼう!!

  • 見て、聞いて、体験したい!!学校の雰囲気を確かめてみよう! オープンキャンパスお申し込み
  • JAMをもっと知りたい!!と思ったなら無料資料請求を! 資料請求のお申し込み
AO認定者特別授業開催!
AO認定者特別授業開催!

SNS

JAMの公式アカウントをフォローして最新情報をGET!

大人気!JAM公式Twitter

  • LINE
  • YouTube
先頭へ戻る